YouTube

Youtubeチャンネル作成と動画公開手順を詳しく解説

Youtubeチャンネル作成と動画公開方法アイキャッチ

約 19 分程度(目安)で読めます。

5Gのサービスの開始もはじまり、YouTubeを始める人が増えてきましたね。

若い人が多いファーストフード店に入ると

YouTubeについ最近動画をあげたよ!

といった声が増えてきたように思います。

と同時に自分もという方もいらっしゃるでしょう。

このとき、

お金がかかるのか
チャンネルを作る時に気をつけることを知りたい
チャンネルを作ったのはいいけど非公開にできるのかな
チャンネルを作る時に気をつけることを知りたい

動画の公開時間に制限なんてあるのかな
動画公開の設定にパスワードなどを設定するのかな
動画を特定の人だけ公開することができるのか

といったようなギモンや心配がでて、そのまま、尻込みしてしまう人も多いかもしれません。
せっかく、やる気があるのに、やめてしまうのはもったいないです。

そこで、今回は YouTube のチャンネルの作り方と動画の公開方法について、
サクッと理解できるよう画像をふんだんに盛り込みながら、解説していきます。

それでは、さっそくGoogleアカウントの作成のところからまいりましょう。

YouTubeチャンネル作成のためのGoogleアカウントの作り方

YouTubeチャンネル作成のためのGoogleアカウントの作り方

YouTubeで自分のチャンネルを開設するにはGoogleアカウントが必要です。
アカウントは1つあれば、OKです。
将来、複数のチャンネルを作りたい場合も1つでOKです。

ちなみにYouTubeにGoogleアカウントが必要なのはYouTubeはGoogleが出資している主要な企業だからといえますね。

Googleアカウントを作る方法ですが、Googleアカウント作成ページから行います。
Google検索で「google アカウント作成」と検索するとGoogleアカウント作成ページが検索結果に出てきます。
上の方のどれかのページを開くと作成ページが表示できます。
Googleアカウント作成画面
後は、順番に情報を入力していくだけです。

情報を入力する時の注意点ですが、本名、住所、電話番号など正確に入力しましょう。
正しく入力しておかないとYouTubeチャンネルの登録者が増えて、アドセンスの広告を表示できるようになった時、そこで発生した収益金を受け取れなくなるからです。
ブログのアドセンス広告と同じですね。

YouTubeはブログと違ってアドセンスの広告を表示するには最低、1000人の登録者が必要です^^;

Googleアカウントの作り方はGoogle検索で「Googleアカウント 作り方」で検索すると、たくさん情報が出てきますので、そちらも参照ください。

ココがポイント

YouTube用のGoogleアカウントを作る時は個人情報は正確に入力するのがおすすめ

YouTubeチャンネルの作り方

YouTubeチャンネルの作り方

YouTubeアカウント作成

ではいよいよYouTubeのチャンネルを作っていきます。

まず、YouTubeのアカウントを作ります。
YouTubeのトップページを開きましょう。
Google検索で「YouTube」と入力して検索すると検索結果の一番目ぐらいに出てくると思います。
YouTubeトップ画面
ログインボタンをクリックします。

YouTubeログイン画面(アカウント作成)
すると、ログイン画面が出るので、「アカウントを作成」ボタンをクリックします。
後は必要な情報を入力していくのですが、注意点があります。

Googleアカウントの作成のときと同じように、
アドセンス広告収益が受け取れるようになった時のために
正確な名前、住所を入力することをおすすめします。

ココがポイント

YouTubeチャンネルを作る時は個人情報は正確に入力する

YouTube一つ目のチャンネルの作成

では、一つ目のチャンネルを作っていきましょう。

でも一つ目のチャンネルは動画投稿用としては普通は使いません
理由はチャンネル名が本名で、変更ができないためです。
後で追加する動画投稿用のチャンネルを追加するためだけに作成します。

メモ

YouTubeの最初に作成するチャンネルは投稿用には普通は使わない

YouTubeログイン画面(次へ)
YouTubeログイン画面からGoogleアカウントを入力して、「次へ」をクリックし、ログインします。

YouTubホーム画面
表示されたホーム画面の右上の「アカウントアイコン」をクリックし、「設定」をクリックします。

YouTube設定画面(ホーム)
設定画面の「アカウント」の「チャンネルを作成する」をクリックします。

YouTube設定画面(デフォルトチャンネル作成確認)
YouTubeを利用するアカウント確認画面で「チャンネルを作成」をクリックします。


これで一つ目のチャンネルが作れました。

次に動画投稿用のチャンネルを作っていきます。

YouTube動画投稿用チャンネルの作成

先ほど作った一つ目のチャンネルとは別に動画投稿用のチャンネルを作っていきましょう

動画投稿のためにわざわざ追加するチャンネルはブランドアカウントと呼ばれています。
チャンネル名が自由に設定できます。
チャンネルはいくつでも追加できます。

ココがポイント

動画投稿用のチャンネル(ブランドアカウント)を必ず作る

YouTubホーム画面
ホーム画面の右上の「アカウントアイコン」をクリックし、「設定」をクリックします。

YouTube設定画面(ホーム-新しいチャンネルを作成)
設定画面の「アカウント」の「新しいチャンネルを作成する」をクリックします。

YouTube設定画面(ブランドアカウント名設定)
ブランドアカウント名の設定画面が開くので、好きな名前を入力して、「作成」ボタンをクリックします。

YouTube設定画面(ブランドアカウント認証取得画面)
次にアカウント認証の画面が表示されます。
ショートメールメッセージ、SMSが受信できる携帯電話の番号を入力します。

注意点としては国際電話番号で入力する必要があるので、注意しましょう。
例えば、自分の携帯電話番号が 09011112222 だったしたら、
最初の0をのぞく、 9011112222を入力して、
コードの受け取り方法を「テキストメッセージ」を選択し、「次へ」をクリックします。

このアカウント認証を行わないと、後で解説するサムネール画像のアップロードなどの機能が利用できなかったので、アカウント認証は必ず行いましょう

YouTube設定画面(ブランドアカウント認証コード入力画面)
携帯電話に届いた確認コードをすみやかに入力して、「次へ」をクリックします。

YouTubeブランドチャンネル画面
すると、YouTubeのホーム画面に戻りますが、右上のアイコンの色が変わることが確認できます。

これで、動画投稿用のチャンネルはできました。

これでYouTube側で動画投稿に必要な設定は完了です。

次に公開方法について解説しますが、その前に動画の撮影方法や動画の編集方法について詳しく知りたい方は

撮影方法はスマホやMacbookを使ったYoutube動画撮影手順を詳しく解説で、

動画編集はMacBookを使ったYoutube動画編集手順を詳しく解説で紹介しています

Youtubeへ動画公開するときのアイキャッチ画像の作り方

Youtubeへ動画公開するときのアイキャッチ画像の作り方

YouTubeのアイキャッチを簡単に作る方法を3つご紹介しましょう。

アイキャッチ作成ツール

  • Canva
  • マイクロソフトのパワーポイント(PowerPoint)
  • MacBookの標準ソフトKeyNote

投稿動画のサムネール画像は無料デザインツールCanvaを使うと簡単に作れます。
また、Canvaのテンプレートを使えば、デザインのプロでなくてもオシャレなアイキャッチが作れます
Canvaの使い方はGoogle検索で「canva 使い方」で検索すると、たくさん情報が出てきますので、そちらを参照ください。

次におすすめなのが、マイクロソフトのパワーポイント(PowerPoint)です。
マイクロソフトのパワーポイントってプレゼンテーション資料を作れるだけでなく、画像も作れます。
しかも、シートの標準サイズが後で解説するYouTubeが推奨するアイキャッチ画像サイズと同じなので、サイズの調整などの面倒な手続きは不要です。

パワーポイントで画像を保存する方法は意外に簡単です。

パワーポイントで画像を保存する方法

  1. ファイル>名前を付けて保存を選択
  2. 保存先を参照する時に表示される名前を付けて保存画面でファイルの種類で「*.jpg」を選択
  3. 保存ボタンをクリック
  4. エクスポートするスライドを聞かれるので、「すべてのスライド」か「このスライドのみをクリック」

Macユーザでパワーポイントがない場合は、Mac標準ソフトのKeyNoteを使うとパワーポイントと同じことができます。
ちなみにKeyNoteはMac版パワーポイントと呼ぶ人もいます。

KeyNoteを使った画像の作り方は次の記事で詳しく紹介しています。
Macbookでの動画編集方法、動画画面の中にテロップを入れるでご紹介しています

アイキャッチ画像サイズもベストなものにしましょう。
YouTubeの公式ヘルプでは推奨値は1280px×720pxとなっています。

ココがポイント

アイキャッチ画像のサイズは1280px×720px(16:9)にする。

YouTubeに動画を公開する方法

YouTubeに動画を公開する方法

YouTubeへのアップロード

GoogleアカウントでYouTubeへログインします。

YouTube動画投稿チャンネル選択画面
途中でチャンネル選択画面が出るので、ブランドアカウントの方を選び、「OK」ボタンをクリックします。

YouTube動画投稿ホーム画面
ログインに成功すると、ホーム画面が表示されます。

この時、右上のアカウントアイコンが選択したブランドアカウントチャンネルになっていることを確認します。

確認できたら、動画または投稿作成アイコンをクリックし、「動画をアップロード」を選択します。

YouTube動画アップロード画面
動画アップロード画面が表示されたら、作成した動画ファイル、mpファイルをドラッグ&ドロップします。

アップロードが完了したら、順番に設定を行っていきます。

ちなみにここから行う設定は後で変更できます。
公開後も変更できます。

YouTube動画公開設定画面

途中で子供向けかそうでないか聞かれるので、子供向けを選択します。

公開設定では「公開」、「限定公開」、「非公開」が選べます。
ここでは「非公開」を選んで、一旦、完了します。
「保存」ボタンをクリックします。

サムネール画像をアップロード

アップロードしたばかりの動画の詳細画面を開きます。
YouTube動画詳細画面(サムネール設定)

先ほどCanvaで作ったサムネール画像をドラッグ&ドロップし、「保存」ボタンをクリックします。

公開

動画詳細画面でアップロードしたばかりの動画を再生して、大丈夫そうだなと思ったら、「公開設定」をクリックし、「非公開」から「公開」設定に切り替えます。

Youtubeチャンネル作成と動画公開手順の解説は以上になります。

今回、公開方法について解説しましたが、さらに動画の撮影方法や動画の編集方法について詳しく知りたい方は

撮影方法はスマホやMacbookを使ったYoutube動画撮影手順を詳しく解説で、

動画編集はMacBookを使ったYoutube動画編集手順を詳しく解説で紹介しています

-YouTube

© 2020 ヤマエツ公式サイト